子育てに必要な抱っこ紐の魅力を知ろう

抱っこ紐は慎重に選ぼう!購入時に気をつけたいポイントをチェック

子供が生まれる前に準備しておこう

抱っこ紐を準備するタイミングは、早ければ早いほどいいです。子どもが生まれてからは色々と忙しくなるので、どの抱っこ紐がいいのかなど、詳しく調べている余裕がありません。時間をかけて選ぶことができるのは出産前しかありませんから、その段階ですでに準備万端にしておくのが理想です。

抱っこ紐を選ぶときの5つの注意点

使いたい時期に適した商品かどうか

生まれて間もない時期にジャストフィットする抱っこ紐もあれば、ある程度大きくなってからでも使える抱っこ紐まで、その種類は様々です。購入時には、いつから使い始めるのかということに注意しなければいけません。その時期に最適な商品を選択しないと、サイズが合わずに使えないということになってしまうので注意してください。

信頼できるメーカーの製品を選ぶ

世界中の色々なメーカーの抱っこ紐が売られていますが、信頼できるメーカーのものを使うのが基本です。万が一不良品に当ってしまうと、大変な結果になってしまう恐れもあるからです。ノーブランドのものは作りがしっかりしていない可能性もありますし、大手メーカーの正規品を購入するようにしたいですね。

洗濯ができるものなら清潔に保てて安心

洗濯可かどうかも、抱っこ紐を選ぶときには気を付けたいところです。洗濯できないとなると、不衛生ですし、子どもに悪影響が出てしまう可能性もあります。雑菌が繁殖をして、それが原因で子どもが病気になることも考えられます。おしっこや汗などが付着してもすぐに洗えるものなら、安心して使っていけます。

外出時にはデザインも気になってくる

子どもを連れて外に出る機会も少なくはありません。買い物などに行く場合には、多くの人の目に触れることとなります。ですから、デザイン面にも注意をして商品選びをするのがおすすめです。形はもちろんですが、色も無難なものを選んでおくと後悔が少なくなります。

値段がリーズナブルかどうかは重要

子どもを育てるためにはお金がかかります。ですから、抱っこ紐は少しでもリーズナブルなものを選びたいですね。価格が安くて質の良いものを探して購入するのが一番いい方法になります。明確に予算を区切って、その範囲内で選んでいくのがセオリーです。

子育てに必要な抱っこ紐の魅力を知ろう

ママと赤ちゃん

抱っこ紐の必要性

抱っこ紐があれば、子どもを落下させてしまう心配を減らせます。また、両手が自由に使えるようになるので、子どもを抱えたままで日常生活を送ることができます。家事をすることもできるので、主婦の方には特に必要性が高いです。さらに、抱っこ紐があれば子どもを連れて買い物にも行けます。子どもが生まれてからも行動範囲が狭くなりにくく、その意味でも必要性は高いです。

スリングとどう違う?

スリングは割と不安定で、使い方にコツがいります。手で支えずに体を傾けると、最悪の場合は子どもを床に落としてしまうこともあります。抱っこ紐はがっちりと子どもの体を固定しているので、両手を放した状態で体を傾けても落下の心配をする必要はありません。安定度という意味においては、抱っこ紐のほうが上で、その差は大きいです。

お手入れ方法

多くの抱っこ紐は、洗濯可になっています。子どもがおしっこを漏らしてしまうことも少なくはありませんから、多くのメーカーの製品が丸ごと選択可能になっているわけです。ただ、ネットに入れて洗濯をするのが基本です。バックルなどがあるなら、それらをすべて留めた状態で洗いましょう。洗濯後はよく干して、雑菌が繁殖しないように気を付けなければいけません。

使用方法

使い方は非常に簡単です。まず、抱っこ紐を体に装着してバックルの付いたベルトで固定させます。その後、子どもをシート部に座らせて体に密着させ、さらにバックルで固定させます。基本的にはそれだけで装着は終了します。新生児の場合には専用のインサートを使う必要がありますが、これも装着は難しいものではありません。

通販サイトで抱っこ紐を購入した人の声

思っていたよりも安定感がありました(26歳/女性)

購入前はどの程度安定するのか不安でしたが、体にぴったりフィットさせることができたので安心しました。これなら、割と激しい動きをしても子どもが落下してしまう心配はありません。さすがにスポーツなどはできませんが、日常的な家事ぐらいなら子どもを抱いたままでもこなせます。

新生児用のインサートが便利です(36歳/男性)

私が購入した商品には、新生児用のインサートが付属していました。ある程度大きくなるまでは使えないかと思っていたのですが、生まれて間もないころから使えて大変ありがたかったです。インサートを外せば、大きくなってからでも使えて便利です。

買い物に行きやすくなりました(30歳/女性)

抱っこ紐を買う前は、子どもを一人にさせておくことができず、ろくに買い物にも行けませんでした。しかし、抱っこ紐を購入してからは、生活が一変しました。好きなタイミングで買い物に行けるので、効率よく生活が送れるようになりました。

常に子どもと密着ができて幸せです(22歳/女性)

子どもが起きているときも寝ているときも、常に体を密着させておくことができて幸せを感じています。子どもの側も、ベッドで寝ているときよりも安心度が高いのか、幸せそうです。ベッドで寝ているときのように、不安のせいで大きく泣くことが少なくなりました。

抱き方のバリエーションが豊富(27歳/女性)

私が買った抱っこ紐は、対面と前向き抱き、さらには腰抱きとおんぶという四つのスタイルを選択できるものでした。一つの姿勢だけでは疲れてしまうので、ポジションを変更しながら使っています。ポジションを変えるだけで体が疲れにくくなって助かっています。